サムライテニス

 
お問い合わせ

テニスを習うならサムライテニスへ!初心者からトーナメントプレーヤーまで、テニスを頑張る皆様を応援します!

大佑がやりました!!
千葉県中学生でトッチと組んでダブルス優勝です!!
大佑は相変わらず怒られてます(笑)しかし、大佑の最近に異変が…早朝ランニングを行っています。なぜ、早朝ランニングなのでしょう!?
大佑は、何回も同じ事を繰り返し、私も何度も注意をして、大佑は何回もちゃんとやりたいのにと…ワガママ病です(笑)そこで、何かやってみよう!と、話し合いの結果ランニングになりました。
大切な事は、取り組みを行う時は思いを持って取り組むという事です。最初は、ただ早起きするだけでも何かの変化が表れる事があります。但し、継続という壁にぶつかりまた振り出しというのが大体のところです。
しかし、やってみなければ何も分からない。やったけど…自分で何かを思える様になるまでには大変な時間を費やすものです。よって、深く考える必要があるので本人が辛いと思う事を取り組むのが一番効率が良くなる可能性が高いです。なぜならば、人間は辛い時の方が深く考えようとするからだと思います。
辛い事は、考え方が屈折しない限り良い結果をもたらす事が多いいです。選手が、ただ辛いだけと思ってしまうのは苦悩の最中には成長を本人が感じれないからです。
これは、人生と似ています。“人生とは振り返らなければ理解は出来ない。また、人生とは前を向かなければ一歩前には行けない”こんな、事をある哲学者が言っていました。考え方は、様々ではありますがスポーツ界ではピッタリの言葉だと思います。
じゃあ、どうすればを選手はコーチと考えていく必要があります。苦悩が喜びになるのを信じて日々努力です。
大佑とは、早いもので4年間このような道を一緒に歩んで来ました。大佑が、そして、私が大佑に求めるものは更なる何か!です。今後も大佑がサムライの歴史の1ページをテニスの戦績はもちろんですが先輩として後輩に何かを伝え、築いていって貰いたいです!
大佑のランニングは多分、継続しません(笑)
また、話し合いです♪
大佑とは、これからも様々な事を一緒に考えていきたいと思っています。

933_1_20110615114713.jpg

文武両道!!!

裕太が学力テストが学年トップ!!!
“優!裕太すごいだろ♪”すると、“コーチ!僕も中間テストで一番でした”ビックリであり嬉しくもあります!!もちろん、二人の成績のトップという事に驚きですが、二人が凄いのは練習はほぼ毎日で練習の後はトレーニングの為に走って長い時間サムライにいます。それで、結果を出せるので素晴らしい!!
最近の裕太と優を見ていると、“自分で…”という事を意識して色々行動をおこしています。裕太は、この前のレッスンの時に八千代から自転車で来ていました。1時間ぐらいかかったそうです。“自分で…”を、裕太は真剣に考えて様々な事を意識しているみたいです。
自主性とは成長の一部分と言っても過言ではないので、これをすれば大丈夫というものはありません。しかし、何もしなければ自主性の本質の芽が出ません。裕太は、自分で何かを探し始めました!一杯悩んで、その分大きくなってもらいたいです。優も中学生になり、今までに増して自分と向き合い苦悩、奮闘中です!ちょっと、お兄さんになりました!
苦悩の先には、喜びがあります。この喜びを知らない選手は、何をやっても頑張れずに成長しないものです。喜びは、多くが苦悩の謔ノあります。サムライジュニアは、皆で力を合わせて苦悩に立ち向かい力強く生き抜いて貰いたいです!!
もうすぐ、夏です!
勉強!テニス!頑張っていこう!!

DSC_0002512.JPG

関東小学生を終えて…

航太、残念ながら全日本に届きませんでした。
航太も私も反省点が残る試合になりました。
今大会は、航太は高いレベルでの集中力の維持に苦労しました。私にも大きな責任があります。
雨で待機の最中に持参したオモチャで遊び過ぎていました。航太は明るく素直で(家では反抗期みたいです(笑))元気な子なので、私も航太らしいと笑って見ていました。但し、今大会は全日本を目指す精鋭達が集う試合なので、これでは勝てるわけがありません。航太は集中力が高い選手ではありますが、まだ切り替えに時間が掛かってしまう事を私自身が認識をしていて、今大会前に故障でコートを離れていた事実も分かっていての事なので、私は、大きなミスをおかしました。反省です。航太にも、この事は伝えて航太、私、共に反省をしました。そして、全日本ジュニアを目指そうとコートを後にしました。私は帰りの運転中に多くの事を考え、まだ、時間は掛かかってしまうだろうと不安にもなりました。
そして、次の日、再度航太とのミーティングです。
また、様々な角度から話をして納得して行動に起こしてもらおうと話をしようと思いましたが、“遊びのテニスではなく勝つテニスをやります”航太本人が言ってきたのは、ビックリであり嬉しくもありました!航太は、自ら行動を起こしました。私の不安は消え去りました!今大会、自宅待機だったお母さんからこのコミックは暫く必要ないからしまっておいてと、廊下にコミックがあったんですけど何かありましたか!?と、お話しがありました。事情を話すと雲木さんは笑っていました。
私が、航太の事を好きな理由はプライドを持っていて既に自分のテニスを考えて苦悩しているところです。自分がどの様に考えて行動するかという事を大切にしています。大抵のケースは、分かっています。でも、分かっているのですが…お父さんに言ったら…お母さんに言ったら…この思考は成長にかなりの時間を要すると思います。全てを自分で何とかするのが当たり前と考えるのが普通です。航太は、自分で考え、感じて行動に起こし、また、成長という言葉に貪欲で常に良くなろう強くなろうという事を考えて苦悩して結果に表してくれます。とはいえ、まだまだ考える幅は狭く経験も浅いのでご両親のアドバイスや私達コーチのアドバイスは必要です。
次回、関東ジュニアでは、航太には全日本へ行ってもらいます!
航太!頑張っていこう!!

DSC_00001.JPG

サムライNEWS

ページのトップへ戻る