サムライテニス

 
お問い合わせ

テニスを習うならサムライテニスへ!初心者からトーナメントプレーヤーまで、テニスを頑張る皆様を応援します!

ADSC_0318.JPG三芳ジュニア!ベスト4!
おめでとう!

妃菜は、毎朝走り、毎日練習を頑張り、なぜ試合中に思い通りプレーが出来ないのだろう、なぜ忘れちゃうのだろうと、 いつも悩んでいました。真剣に練習すれば、ちゃんとやれば出来る様になると思っていたのに…と妃菜は思っていたと思います。この苦悩を繰り返して妃菜は漸く答えを掴みかけてきたみたいです。
少しずつではありますが、ちゃんとやるためには判断力や分析力が必要だという事が分かってきたと思います。

情報収集→ 分析→判断→行動、この動作をほぼ同時に行うのが選手なので、やればいいだけではないと理解を自分なりに深めていかなければなりません。この理解が出始めると選手は、練習しただけ成長するものです。これは、妃菜のサムライの先輩達が経験して教えてくれている事でもあり、2年、3年と力強く歩むなかで掴める事でもあります。

テニスのテクニックは、真剣に練習に取り組む事によって殆どの選手がクリアして行きます。これを試合で勝つための行動とする為には思考が必要になり、これはメンタルと言われる部分の大部分を占めていると私は思います。
この思考回路を構築するために、妃菜と今後もミーティングを重ねて、妃菜には様々な事にチャレンジしていってもらいたいと思います。

妃菜!これからも沢山考えよう!頑張れ!妃菜!
太一、SF4ー6、2ー6、ベスト4!
おめでとう!
今大会の課題、ゲームメイクを考えながらの試合で、今後の選手生活の中で必要な事が太一自身が感じていたと思います。
太一は今までフィーリングだけで済ませている事があったので、壁にぶつかった時に時間が掛かる事がありました。トップ選手として歩むには、考えた事をコート内で具体的に実行する力が求められるので、今までのフィーリングを生かしながら、今まで以上に太一が自分のテニスというものをより深く理解してい く必要があると思います。
選手にとって分かっている様で分かっていないのが自分のテニスなのではないでしょうか!?よって、私達コーチには選手を客観的に分析して、その分析した結果について選手と話し合い進むべき道を選手と共に決めていく事が求められると思います。
ADSC_0394.JPG
優、決勝戦5-7、7-6、2-6、 準優勝!
おめでとう!
初タイトルならず♪優は、 “初タイトルが毎トーであると嬉しい” と、言って試合に挑みましたが、惜しくも敗戦。残念ながら初タイトルに までは手が届きませんでしたが、今大会でも優は大きく成長出来たと思います。ドライブボレーを含めた、ネットへの取り組みを具体的に試合中に考えて取り組 む事が出来た夏でした。自分で考えて、試合中にトライするということが出来る様になった夏とも言えて、精神的に成長した事が本人も自信になったと思います。今まで優は、どちらかと言うと言われれば出来るけど…というのが多くて優本人も私達コーチ陣も苦悩していましたが、私生活から選手としてということを真剣に考えて取り組んだりとオフコートまで試合に向けてを考えて本当に5年間、駄目でも駄目でも次へ進むために努力し続けたと思います。そんな優の取り組みを共 に歩みサポートしてきたので、優の勝利や成長がとても嬉しいです!
今後も壁にぶつかっても力強く歩んで行って貰いたいものです!
16歳以下、1年目!頑張るぞ優!

ADSC_0044.JPG


楓馬!城東ジュニア!準優勝!おめでとう!

大分遅れてのアップです。楓馬ゴメンよ〜m(__)m
楓馬は、関東ジュニアに向けて試合中にベストを尽くすとい うことを真剣に考えて、練習に取り組み関東ジュニアに挑みましたが、メンタルが大きく崩れ、楓馬本人も大変悔しい思いをしたようです。挙げ句の果てに、試合後も ぐずって賢三先輩に笑いながら “可愛いい通り越してバカだぞ” なんて厳しい注意を受けていました。
関東ジュニアから帰り “また、注意されるぞ” と、私が楓馬をからかうと、笑って “もう大丈夫♪” と言っていました。確かに少し我慢する事を覚えた様です。何事にも真剣に向き合う楓馬は素直な選手です!
この数ヵ月 間、楓馬なりに“ベストを尽くす”という事について、真剣に向き合って取り組んだ結果が、夏のシングルスの快進撃に繋がっているのではないかと思います。
来年 の夏に向けて今から頑張っていこうと思います!
楓馬!可愛いは卒業だな!(笑)
これからは、格好いい楓馬でいこう!
頑張れ!プー君!!!

120824_192600.jpg

達朗、3ラウンド6-0、4ラウンド6-2、2-6、6-1、
達朗は、受験復帰後、選手をやるかどうか迷っていましたが、関東ジュニア後、白子の宿泊先の私の部屋でミーティングを行い“選手として頑張りたい!”と、達朗が話をしてきました。関東ジュニアを経験して、負けてしまいましたが、勝負の楽しさと仲間と歩む楽しさを思い出した様でした。
それからの達朗の練習中のスタンスは大変良いものになり、日に日に成長していく姿があります♪

航太、4-6、6-1、 4-6、課題は、メンタルか!?
航太には、メンタルとは考え方なのでドキドキしてしまっても、ボールはコートに入るものだよ♪と、教えていますが、試合になると分かってはいるけど…深く理解した上で、いつも自分の壁にチャレンジしているので航太は必ずこの壁を乗り越えると思います!今日、応援に駆け付けた翔も 14歳以下というカテゴリーになり、同じ壁をいつも航太と“俺の方がお兄さんだと競いあっています(笑)”仲間同士高めあい同じ壁を乗り越えて貰いたいものです。航太!サマージュニア!ベスト8おめでとう!

紀歩、6-4、
紀歩は、夏期休暇中、サムライに練習に来ています♪プライベートコーチとの歩みで、チームとして歩む事は初めてみたいなので、仲間と歩むテニスの楽しさも体験してくれているみたいです♪

芽衣、3ラウンド6-3、4ラウンド2-6、3-6、
ベスト16!おめでとう!
芽衣は今年の夏、取り組んだスピンを意識した オフェンシブなテニスが試合中に出来る様になって来ました。これには、テニス以外での芽衣の成長があるからだと思います。ミーティング時の受け答えが大変に良くなり、自分の意見をしっかりと述べられる様になりました!これからが益々楽しみです!

歩美、3ラウンド6-4、4ラウンド6-4、6-2、
なんとなんと!歩美!ベスト8進出!“こんなに勝ったの初めて〜♪ “3セットで勝ったのも初めて〜♪”と、喜び一杯の歩美でした!朝練も、本当に良く頑張り、練習中に意識しなければいけない事も“ちゃんと意識してます♪”と、本当に素直で真面目で明るい良い選手です!そんな歩美の急成長は、とても嬉しいで す!明日は、いよいよ夢の舞台!頑張れ!歩美!
最後になりましたが、小山さん、岩井さん、皆の応援に駆け付けて下さりありがとうございました!
ジュニア達 も心強かった事と思います!

20120825_103605.jpg
20120825_105108.jpg

シルクカップ!
元太・隆!ダブルス準優勝!
隆!シングルス ベスト4!
おめでとう!
元太のダブルス!隆のシングルス!勢いが止まりません♪
“ちゃんと頑張ります♪”と、言った元太が有言実行です!いつも肝心なとこ ろで逃げてしまう元太でしたが、練習中は真剣に取り組む様になり変わってきた様です。
あっという間に高校一年間が過ぎてしまい、気が付くと引退となってしま うのが高校テニスだと思います。
元太には、毎日毎日を無駄のないように、今後も真剣に取り組んで貰います。
隆は、今年の夏は急成長!
プレースタイルやテク ニックはもちろんですが、特に考え方がとても良くなったと思います。一度だけ私から強く注意を受けましたが、それ以降は別人(笑)になり、全てに於いて真剣 に取り組んだり向き合う様になりました。無我夢中に歩んだ数ヵ月でしたが、徐々に隆自身が自分の歩みを確認出来る様になり自信にも繋がり出しているみたいです。
これからも、成長は止まらないでしょう♪
元太!隆!もっともっと頑張ろう!

DSC_0370.JPG

120817_1218~01.jpg

シルクカップ!優!シングルス 準優勝!
優・航太!ダブルス 準優勝!
おめでとう!


今年の夏の優は、素晴らしい!春先から、少しお兄さんになってきたかなと行動や発言から感じる事が増えていましたが、試合中のコートの中で落ち着きが出てきたと感じたのが関東ジュニア以降の夏の試合からです。優は、いつも何故緊張して練習通り出来ないのだろうと苦悩していて、私生活から 真剣に考えて自分と向き合って解答を見つけた様です!この優の成長は、優にとってもサムライにとっても私にとっても嬉しい事です!
そして、冒険王の航太! 自宅では生意気過ぎて雲木さんご夫妻は、大変に手をやいているそうです。自宅ではそんな航太らしいですが(笑)、常に成長という事を真剣に考えて優の背中 を追いかけています。この先輩と後輩の関係はとても良いと思います。そんな二人のダブルスなので息も合い、見ている私達が面白い良いファイトをしてくれま した♪これからも、優と航太に限らずサムライジュニアは皆、切磋琢磨してお互いを高め合い頑張って貰いたいです。
頑張れ!サムライジュニア!

DSC_0371.JPG
隆、2ー6、0ー6、
今日は、先手を取られる場面が多くなってしまい、とても勉強になったと思います。何を考えるべきなのか、何をすべきなのか今後の隆のテ ニスの方向性がこの試合で固まったと思います。
優、6ー3、6ー2、
優の試合は安心して見ていられる様になりました。日に日にオフェンスとディフェンスのバランスも良くなり、何よりも判断が早くなった事が素晴らしと思います。優の苦悩が良い結果として表れているので、私もとても嬉しいです。
妃菜、3ー6、 5ー7、
何かが足りず(笑)とても良い試合はする様にはなって来たので、優が歩み目指した様な道を妃菜にも意識して歩んで貰いたいと思います。
優・航太、 7ー6(2)、0ー6、STB9ー11、
この試合では勝負することの大切さ、リスクを背負わない方がリスクという事を優と航太は痛感したと思うので、今後の歩みにいかして貰いたいです。
元太・隆、7ー5、6ー2、
本日も大騒ぎ(笑)隆は、シングルスでは“カモーン!”ダブルスでは“あーごめん♪”と叫んでいます(笑)元太はゲームメイクがダブルスだと出来ているのでシングルスでも自信を持ってプレーして貰いたいです。
恭介・夏明くん(オールサムズ)5ー7、6ー3、STB9ー11、
ゲームは支配している様に見えるものの、肝心なところでのミスが目立ち惜敗です。
まだまだ暑い夏は続きます!頑張れ!サムライジュニア!

DSC_0367.JPG
DSC_0368.JPG
DSC_0369.JPG
DSC_0366.JPG

隆、5ー7、7ー6、6ー1、
最近の隆は勝負どころで乱れなくなってきました!
優、6ー1、6ー3、
落ち着きがあり、夏の課題へのチャレンジを試合中にこ なすようになり、いつからこんなに出来る様になったのでしょう♪感心です!本日もコートの中に入るプレーの質が良くて安心して見ていられました!
妃菜、 6ー1、6ー3、
夏の課題へのチャレンジとまではいきませんが、妃菜が意識しなければいけないところは試合中に少しづつ意識出来る様になってきたと思いま す。
芽衣、1ー6、3ー6、
芽衣は、試合後のミーティングで最初緊張しちゃったと笑顔で話していました。芽衣の話の通りセカンドセットは芽衣のテニスで戦 えたと思います。芽衣は、まだカテゴリーが12歳以下なので今後の成長が楽しみです。今大会でテクニックへの取り組みも平行して行っていこうとミーティン グしました。
元太・隆、6ー3、6ー3、
元気に二人でダブルスをしていました(笑)
シングルスで負けてしまった分、特に元太のプレーは冴えていました!
優・航太6ー4、6ー2、
恭介・福島君(オールサムズ)本日は、不戦勝で勝ち上がりです。さぁ明日も頑張ろう!

DSC_0362.JPG
DSC_0363.JPG


芽衣、6ー0、6ー1、
最近、芽衣の試合をマッチ練習以外に見れてなかったので、どれぐらい出来るかなと楽しみにしていたところ、予想を遥かに上回る成長でとても嬉しく思いました。
歩美、3ー6、2ー6、
歩美の引率は始めてで、勝利とはなりませんでしたが、歩美の最後までファイトする姿をみて今後の成長が楽し みです。
翔、6ー2、2ー6、0ー6、
航太6ー1、5ー7、6ー7
翔、航太の2人については大変にレベルアップしていてビックリしました。雨中断まで… (笑)
雨中断後、集中力が切れたのか2人も揃ってプレーの質が大変悪くなってしまいました。しかし、前半はこの夏の取り組みをとても良くこなしていて、テニ スのスケールは上がった様に思えました。翔、航太は最後まで良いプレーが出来る様に今の取り組みを徹底してやっていって貰いたいです。
妃菜、6ー2、6ー 0、
妃菜は少し自分のプレーが自分自身で理解出来てきた様に見えました。自分のショットはどの様な形で決まっているのか理解出来てきたのだと思います。
 優、6ー0、6ー2、
優は、取り組んだ事を試合中に完璧にこなしていて、以前の優とは違う見ていて安心して見ていられるプレーが出来る様になったと思います。
この勢いで明日も皆に頑張ってもらいましょう!頑張れ!

DSC_0353.JPG
DSC_0354.JPG
DSC_0355.JPG



DSC_0392.JPG

太一、6ー4、5ー7、6ー1、
今大会は、ゲームメイク!
解答のないものを太一と具体的に考えてみて、太一の中で太一の解答を見つけた様に見えます。
簡単にお話しすると
“この流れ、太一が負けるいつもの流れ”
という雰囲気になっても、太一はしっかりと勝ってくる様になりました。どこが違ってきたのだろう!? ファーストポイントの取り方!?3ー2から3ー4、ここから5ー4、6ー4のゲームの取り方!?細かいところは数多くありますが、“勝利”と、いう結果に 結び付く様になりました。明日も、太一の試合が楽しみです。

DSC_0391.JPG

伸・児玉(志津テニス)3ー6、4ー6、
今日は、出来は悪くないのに負けたという感じの二人と いったところでしょう。
ダブルスのこういうケースの時には、これをするというパターン攻撃の重要性を見に染みて分かった試合だったと思います。今後の歩み に役立てたいです。




DSC_0393.JPG

全日本中学生大会、ダブルス!ベスト8!おめでとう!
真優・北村さん(志津テニス)、4ー6、2ー6、
全日本ジュニア後、長期 休養をとって様々な心配はありましたが、負けてはしまったものの今日の真優のプレーを見たら安心出来ました!
これから、また真優とはもう1ランク上を目指 して歩みます!




120823_1115~01.jpg

優、7ー5、6ー0、明日、昭和の森会場で優が毎トーの決勝戦に挑みます!この優の急成長は、本当に嬉しいです!明日も、有明で優からの電 話がなるのが楽しみです♪明日は、毎トー、太一がSF、優が決勝戦です!頑張れ!










太一!6ー3、6ー1、
伸、児玉(志津テニス)6ー2、6ー1!
太一、伸、共にベスト8進出!

太一は、初戦から引き続きゲームメイクをどの様に考えるかという事を考えながら試合に挑みました。
1戦1戦、太一も感じて考える事が多くなってきたみたいなので、自分の思いや考えた事を具体的にコートで表現出来る様 になって、また1つレベルアップして貰いたいです。

伸にとっての毎トー本戦は、以前は夢のステージでしたが、伸もまた気が付けば今大会第1シードになりました。
試合内容は、第1シードに相応しいショットで相手を苦しめていました。全日本ジュニア、インターハイから帰ってきて少し自覚が出てきて自信もついてき て、とても良いファイトをする様になりました。今年、1年の成長がとても楽しみです。

そして、真優!
全日本中学生大会は、残念ながら初戦敗退です。
全日本 中学生大会には、全日本ジュニアの時に故障し、その後、調整不足で挑む形になりましたが、全日本の舞台はそんなに甘くはなく、真優も私も選手の歩み方について 勉強になりました。
そんな、調整不足の真優も、ダブルスでは少しづつ調子を取り戻しベスト8に進出しました!
真優もパートナーの北村さん(志津テニス)も、共に関東中学生から全日本中学生にかけて、とてもボレーが上手くなりダブルスがしまる様になりました。明日の試合が楽しみです。

最後になりますが、別会場で毎トーで勝ち上がっている優から“6ー0、6ー1です♪”報告が入りました。
優もまた、伸、太一同様、去年は本戦に参加出来るかどうかでしたが、先輩達よりも一足先にベスト4進出です!
優も頑張ってます♪
伸、太一、優、真優、明日も頑張ろう!

DSC_0389.JPG
DSC_0390.JPG


千広!決意表明(笑)

先日行われたインカレ予選で、千広がファイナルセットの末、負けてしまいました。
ファイナルセットに入り、この負け方は最近繰り返しています…反省点が多く 残る試合だったたうです。“私生活の乱れがあるな(笑)” “あーそれはおもいあたるふしがあります。” 千広には、プレイヤーはプレイヤーである以前に人間 であるという事を忘れない様にと指導していました。千広が可愛いのは、真剣にその事を考えて、以前も千広ルールというものを作成してきましたが、今回は大学生Ver.を作成して来ました(笑)
内容は、なんだこれというものはありますが(笑)、千広が何故ルールにしたのかは大変良く分かります。
千広は、いつも 真剣に何事にも向き合うので、後輩に与える影響は絶大です!サムライの先輩達が千広に伝えた事を、千広は一生懸命、千広流で後輩達に伝えようとしてくれてい ます。簡単な様で簡単ではない事を千広は簡単に取り組み頑張るので、後輩達から慕われるのだと思います。
千広には、今後も頑張ってファイトしてもらいましょう♪
ファイト!千広!

IMG_8286.jpg

太一!毎トー初戦!

今日は、太一の毎トー初戦で有明に行きました。
同時に明日から始まる全日本中学生大会の真優の前日練習を有明で行い、佳奈恵にはヒッティングで来てもらいました♪
太一との試合後ミーティングで、“今日はセカンドちょっとだらけちゃいました”
確かに、スコアは6ー1、6ー4。以前は太一の試合は心配であまり落ち着いて見てられませんでしたが、“今日は初日という事もあり”なんて毎トーの本戦で話せる様になるぐらい太一は成長しました。
一昨年は、“毎トーの本戦 に入れた!やったな〜”と話していたのが今年は第3シードにもなり、考える事も変えていかなければいけないと思います。
太一と私の普通のレベルを上げていかなければ、全日本の舞台ではチャレンジャーで終わってしまうと思います。太一とは全日本で勝てる選手という事に着眼して歩んで行きたいと思います。
頑張 れ!太一!
そして、佳奈恵、今日はありがとう!
真優!全日本中学生!頑張ろう!

DSC_0387.JPG
DSC_0388.JPG


インターハイ個人戦!
太一、シングルス3ー8、2回戦敗退。
伸、ダブルス8ー9(3)初戦敗退。
美沙乃、ダブルス!ベスト8!

インターハイで私が感じた事 は、3人ともとても良いプレーをしていました!
また、インターハイのステージでは、ゲームメイクの重要度が増す試合が多くなるとも感じました。
伸、美沙乃 は、全日本ジュニアと同じ様な流れで負けてしまい、試合を見ていると、“このゲーム数のこのポイント”での行動に悪い時、法則性があると思います。
本人達も感 じて分かっている事なので改善点として、また“そのゲーム数、そのポイント”が訪れた時に乗り越えようと思ってチャレンジを積み重ねる必要があると思いま す。これは、シングルスの太一にも言えた事で、今大会はノーアドバンテージではなく、デュースありの試合でデュースサイドの考え方、アドバンテージサイドの考え方をより具体的に、また今の太一のレベルに合った考え方を作り上げていかなければいけないと太一とミーティングをしました。
今大会は、インターハイと いう事もあり、3人とも良いプレーをする中で感じた事と思うので、今後のプレーにいかして貰いたいです。
来年のインターハイは大分だ!頑張れ!
サムライジュニア!

DSC_0357.JPG
DSC_0359.JPG
DSC_0360.JPG
NEC_0377.jpg

関東ジュニアサーキット!
荏原大会、シングルス!太一!準優勝!!!
おめでとう!
今大会は、全日本ジュニアと同時期で、太一は今年は全日本ジュニアに出場出来なかったので優勝を狙いにいきましたが、惜しくも決勝戦で敗れ準優勝でした!
ハードコートというサーフェスを考えたプレーに最後まで苦しみ、奮闘したみたいです。
太一は、経験した分だけ成長出来る選手なので、何故なのか!?どう考えるべきだったか!?今大会の経験を今後にいかして貰いたいです。
また、今年の夏にサムライ全体で取り組んでいるプレーを、太一にはリーダーとなって実践していって貰いたいです。
頑張れ!太一!

taichi-ebara.jpg

Image0003.JPG埼玉グリーン!
シングルス!隆!優勝!!!
元太・隆!ダブルス!優勝!!!
素晴らしい!

隆は、関東中学生大会の反省をいかして球質と球威のコントロール、 そして自分自身の(笑)コントロールがとても良くなり、自信を持ってプレー出来る様になりました。

元太は、ダブルスのスペシャリストに成長中です!もちろ ん、シングルスにも力は入れていますが、ダブルスの戦績が素晴らし過ぎるので、本人がダブルスしか出来ないと勘違いしています(笑)

元太は、サムライのムードメーカーで、何かと皆を明るくしてくれているのでシングルスでも元太の元気が太い“元太”がコンスタントに出せるようになるように、日々の生活からも選手とし ての意識を高めて試合の緊張感に備えて貰いたいです。
元太!隆!夏は急成長だ!頑張れ!

Image0005.JPG



隆!東京ジュニアサーキット!シングルス!優勝!!!
素晴らしい!
プレースタイルの改革に取り組み、まだ間もないですが早くも結果が出始めました。
これは、隆の情報を受け入れて自分のものにする分析、判断能力が高い事の証明だと思います。
大体のケースは、いう事を聞くだけになりその内に忘れてしまうものですが、理解を深めて自分のテニスにする事が出来る選手としての真面目さと素直さが隆にはあります。
簡単にいうと約束をちゃんと守る選手です。これは、何をするにも出来る様でなかなか出来ない事でもあると思います。もちろん、生意気盛りの隆君でしたから(笑)最初注意を受ける事はありましたが、その回数も極めて少なく成長しました。
まだまだ、改革中なので今後も隆は必ず成長するでしょう!
今後も隆には突っ走って貰います!頑張れ!隆!

P2012_0810_195536.JPG


美木菜!埼玉グリーン!ベスト4!
プレースタイルを少しオフェンシブにして、メンタル面の取り組みをプレーとリンクさせて行い、漸く美木菜の中で何か掴みかけた頃だったので今大会のベスト4は私もとても嬉しかったです!
美木菜はとても我慢強い選手ではありますが、選手として我慢強いという事だけがメンタルの強さに当たる部分ではないという事が、徐々に理解出来てきたのだと思います。選手としてのメンタルとは、どの様な状況下におかれても自分の向かいたい方向を決めて、発想力を絶やす事なく、今の自分を表現する力が選手に必要なメンタルだと思います。
美木菜は、元々我慢強い選手なので、一度掴んだら決してれる事なく突き進めると思います。
頑張れ!美木菜!

SBSH00251.jpg

雄希!大佑!埼玉グリーン!ダブルス優勝!!!
雄希、大佑共にシングルスではベスト16で負けてしまい、反省点の残るシングルスとなってしまった分、ダブルスでの優勝はとても嬉しかった事と思います。
雄希は、練習中のスタンスとは、と言う事を深く考え始めているので、試合でも徐々に結果が出始めています。
大佑は、もう1ステージ上を考えて歩もうとして、壁にぶつかり悩んでいます。大佑の成長過程はゆっくりではありますが、確実に成長してきているのでまた、大佑は1ステージ上げると思います。
雄希、大佑共にこれからの飛躍!期待大です!
頑張れ!雄希!大佑!

DSC_9266.JPG

なぎさ!おめでとう!!!
むさしの村ジュニア!ベスト4!
なぎさは、最近頑張るという事はどういう事かという事を自分の中で確立したみたいです。
以前は、怒られるか怒られないか、注意されるかされないかというレベルで考えていたみたいですが、今は全くの別人です(笑)

何をもって良い悪いは個人差はありますが、良いと思う事を本気で追いかければ、そのステージに自分自身を押し進める事が出来ると渚自身思えていると思います。人は頑張っているときには、成長が確認出来ずに苦悩しますが、確認出来る様になると簡単な事だったと思う事が多いと思います。

なぎさは、早朝走ることによって「私はボールを追い掛ける事が遅いのに、何で何も努力しなかったのだろう」と私に笑って話して来ます(笑)
もちろん、今はしっかりボールを追い掛けます!

これが成長なのではと思います。
これからも、一 つ一つ真剣に考えてなぎさと共に“良いこと”を考えて歩んで行きたいと思います。
なぎさ!頑張れ!カレー1kg?食べに行くぞ?(笑)

DSC_9135.jpg

全日本ジュニア!9日目。シングルス決勝戦!!!
今日はリアルタイムの試合解説です!さぁ!試合!頑張れ!

ファーストゲームから長いラリーが続き、真優が確率で上回り1ー0
相手の選手の方が先にコースに打ち分けてくるのが少々気になります。

2ゲーム目に入り、お互いに攻守を切り替えながらプレーを続けるものの、相手の選手のクロージングでのミスが目立ち2ー0、真優のストロークの配球にプレッシャーを感じているのか!?

3ゲーム目に入り、お互いにラリーも良 くなりデュースを繰り返し3ー0、相手のフォアの逆クロスの確率と精度が上がってきているのに真優は気付いてくれているのか大丈夫でしょうか!?まだ、相 手のクロージングのミスがあります。

4ゲーム目に入り真優のオフェンスのコースが良くなり4ー0。スコアから分かりにくいですが、相手の選手のオフェンス力は非常に高く、わずかの差で真優が制しています。もちろん真優のプレーも最高に良いです。

そして5ー0。
真優のサービスが走り6ー0。

ファーストセット 取りました!

セカンドセット、1ー0
そして、真優のオフェンスのコース、タイミングが更に良くなり2ー0。

セカンドセット、3ゲーム目。
相手の選 手も本領発揮!オフェンスが決まり、真優も踏ん張るものの2ー1。

相手の選手のオフェンスも良く真優のミスも続き2ー2。

真優は、直ぐに持ち直し5ゲーム 目我慢して3ー2。

5ゲーム目、我慢してプレーしたせいかコースに打ち分ける事が出来なくなり相手に先に仕掛けられて3ー3。

相手の選手のミスが殆どなく なり真優が凌ぎ切れず3ー4、相手の選手のタイミングがあってきたので真優から先に仕掛けるポイントが欲しいところです。真優!奮起出来るか!?頑張れ! 真優!

8ゲーム目、真優が防戦一方になり3ー5。

9ゲーム目、漸く真優が先に展開するポイントが出始めるものの3ー6。

ファイナルセット突入!真優はこの 流れを変えられるか!?頑張れ!真優!
トイレットブレイクに入り新しいウェアに着替えて心機一転!

サービスが走り、真優のフォアの逆クロスが決まり1ー 0。

2ゲーム目、一進一退の攻防戦!互いに展開、展開、また展開、カウンターやループを混ぜながらナイスラリーです。30ー0でリードされたものの追い付き2ー0。
試合中に、何 を考えて選択するかという事が関東ジュニア、関東中学生大会を経て成長しています!勝ってもらいたい!“小さな大先輩!頑張れ!”(若月さんからの応援 メッセージです!)

3ゲーム目、0ー30、リードされるものの3ー0。先にポイントをリードされる事が続いているのが気になります。

4ゲーム目は真優のフォアが決まりだして4ー0。

5ゲーム目は、またリードされて追い付くものの、相手の選手のオフェンスの精度が上がり4ー1。
真優も負けじと応戦、フォア の切り返し、カウンター、ロブ共に良く5ー1。

7ゲーム目、マッチポイントまでいくもののダブルフォルト、そして、またダブルフォルトそんな事をしながら 落として5ー2。
1ブレイク差なので余裕はありません。

8ゲーム目、真優!強い!勝てるか!40ー15!
勝った!!!
嬉しい!素晴らしい!真優と握手してきます!


真優!全日本ジュニア!優勝!!!



スコアは、6ー0、3ー6、6ー2!

約3時間の熱戦でした!

本当に良く頑張りました!

真優と、試合後の ランチの時にミーティングした事は、これからはトップ選手のあり方を考える事や、全日本ジュニア優勝という栄冠を傲り高ぶるのではなく、光栄に思い自覚を持っ て行動する事。
簡単に言えば人間力と言われる部分に目を向けて励むという事ですかね!?
不思議とチャンピオンになった真優は以前よりも深く理解ている様に見えました。

ランチも終わり開場に着くと、表彰式の準備も整った頃で、真優も表彰式の為にウェアに着替えて表彰式です!
レッドカーペットが敷いてあり、さす が全日本ジュニアの表彰式です!
真優のウィナーズスピーチもとても立派でした!
感謝の意を述べて“練習中に行っている気持ち作りが今大会では試合中に良く 出来ました。
努力すれば優勝出来るという事も分かったので、これからも頑張ります!”そして、チームメイトに感謝しています!と、真優は サムライテニスに栄冠を持って帰ります!

5年掛かってサムライにも全日本ジュニアチャンピオンが誕生しました!
まだまだ、これからなサムライではありますが、本当に全日本ジュニア!優勝!!!嬉しいです!
暑い、熱い、10日間でした!
真優!おめでとう!!!ありがとう!!!

DSC_0349.JPG
DSC_0350.JPG
DSC_0351.JPG
DSC_0352.JPG

全日本ジュニア!8日目

全日本ジュニア!8日目。
真優!勝ちました!
6ー2、6ー2!足の状態が心配ではありましたが、やるべき事をSFではしっかりと出来ました!
今大会を通じて真優は一日一日、思い、考え様々な事を学んでいると思います。その結果が明日の決勝進出という事だと思います。明日は、全てを試合で出し切って貰いたいと思います。
テクニック面では、連戦と故障であまり練習が出来ていなかったので、フォアの終速が落ちてしまうことが試合中に多くなってしまい、それを修正する為に足の具合を見ながら試合後、調整を含めた練習を行いました。ホームのちょっとしたズレだったので、調整後はとても良くなり明日は良い状態で決勝戦に挑めそうです!
全日本ジュニア9日目!皆さん!真優を応援して上げて下さい!
頑張れ!真優!
優勝だ!!!

DSC_0347.JPG

全日本ジュニア!7日目

全日本ジュニア!7日目。
真優!ベスト4進出です!
走り続けた8ヶ月、気が付くと目標をクリア、そして夢の舞台で勝負する事が出来て真優にとってもサムラ イにとっても喜ばしい事です!
夢の舞台という事と、体も酷使してのハードスケジュールだったので、プレーの質が少々心配ではありましたが、6ー3、6ー3で 見事ベスト4!進出!!このプレーの質についてはお互いに言えることでもあると思います。また、トーナメントを勝ち上がっていくにあたって必ず訪れる日でもあると思います。
足の状態もテニスもモチベーションも全て、含めての戦いが全日本ジュニアです!
そんな、過酷な中、私が感心する事は真優は7月半ばの関東 ジュニアから続くハードスケジュールを毎日元気良くこなしている事です!この猛暑のなか毎試合、真優は必ず諦めずにファイトします!この真優のファイトが 夢のステージに真優本人を押し進めたのだと思います。
明日も真優の“ラッキー♪”“カモン!”を聞けると思います♪
明日も真優のファイトを期待しています!頑張れ!真優!

DSC_0346.JPG

全日本ジュニア!6日目

全日本ジュニア!6日目。
ダブルス、ベスト4をかけてQFです!
シングルスは、7日目にQFです。
ファーストセット、流れは前半こちらにあるものの大事な ところでミスがあり、相手のポーチも決まり4ー6、セカンドセットは、相手のネットでのプレッシャーが大きくなり1ー6。
ダブルスは、まだまだ課題が多く ありますが全日本ジュニア!ベスト8!!素晴らしい!
大変喜ばしい事です!
7日目は、シングルスがあります。
頂点目指して頑張って貰いたいです!
頑張れ! 真優!

DSC_0345.JPG

DSC_0315.JPG紀夏!久しぶりのタイトル!TTCサマー!ダブルス!優勝!!!
オスグッドの状態が悪く10ヶ月ぐらい練習もあまり出来ずに苦しんでいましたが、漸く復帰といって良いと思います。
紀夏とは、紀夏が4年生からの歩みなので3年と数ヶ月が経ちます。最初は、切れる、諦める、生意気の4年生で私の雷を落とされても向かってくるような、よく言えばガッツがある女の子でしたが、いつの間にかお姉さんになり、話し合いが出来る選手に成長しました。何が良くて何が悪いのか冷静に考えられる様になり(自宅では、何も変わらず生意気です(笑)笑って御夫妻はお話しされています(笑))、練習中に何を求めるかという事が紀夏の中で 明確になってきたと思います。
そんな、紀夏が復帰後“大事なところでビビって駄目になる”と、悩んでいて乗り越えるのに4ヶ月ぐらいかかったのではないで しょうか!?もともと、紀夏はどんな状態からもファイト出来る選手であり、私の好きな紀夏のファイトが復活しました!特に今大会のシングルスでのファイト は完全復活と言っても過言ではないのでしょうか!
のり!ドスコイショット復活だ!頑張れ!紀夏!

IMG_4059.jpg

大輝!優勝!!!

DSC_0314.JPG大輝が、スーパー初心者ジュニアトーナメントで優勝しました!紀夏の弟です!
いつも紀夏にいじめられてます(笑)そして、若月さん(お父さん)に雷をよく落とされています(笑)
そんな大輝ですが、本当に良く頑張っています!
大輝の良いところは最後まで諦めない心を持っているところです!今は、諦めると怒られるから(笑)かもしれませんが、高校生になっても諦めないで最後まで頑張るという事が出来ない選手がいるなか、大輝の心は必ず今後、大きな武器になると 思います!今度はグレード大会だ!頑張れ!大輝!

IMG_1644.jpg



全日本ジュニア!5日目

全日本ジュニア!5日目。
真優が勝った!!!
相手は、上位シードの選手でスコアは、7ー6、6ー1!とても嬉しい1勝です!
試合内容は、格上の相手に上手 くプレッシャーをかけて、真優自信の課題も克服している様にも見えました。関東中学生から今大会にかけて選手としての心や、人間格の形成について話し合い取り組みをさせています。選手はストラテジー、テクニック、フィジカルだけにとらわれて歩めば、必ず長期に渡る中で選手は伸び悩み、最悪なケースでは選手自信が自分で自分を潰してしまうものです。
これは、周りにいる人間が忘れて選手と接しても同じ事になる事があるので、私達は選手とコミュニケーションをとりながら選手がどの様な状態にあるのか、今のステージに見合っているのか判断をして共に歩まなければいけないと思います。
真優は、目標であるステージに辿り着いたので分析力や、判断力をつける為にステージに見合った思考を常日頃から意識してもらいたいものです。そして、SFでは更なる飛躍を目指してまた、真優 のナイスファイトを見せて貰いたいです!明後日は、目標のラウンドから夢のラウンド!目標達成!そして、夢を掴め真優!頑張れ!

最後にな りましたが、今年も“高橋さん!”応援ありがとうございました!
今年も、転勤前にサムライでレッスンを受講して下さっていて、大阪に転勤になり江坂テニスセンターの側に住まわれている高橋さんが応援に駆け付けて下さいました!本当にありがとうございます!
高橋さん!サムライ応援団関西支部!(笑)よろしく お願い致します!

DSC_0343.JPG
DSC_0344.JPG
DSC_0342.JPG

全日本ジュニア!4日目

DSC_0339.JPG全日本ジュニア!4日目。
美沙乃が、初戦5ー7、5ー7で敗退です。試合中に委縮する事が少し減ってきて、選手に必要なメンタルとは!考え方とは!という事 が少し分かってきたと思ったら、ジュニアテニスもインターハイを残すだけになりました。美沙乃は、大学に行っても選手は続けるので、終わりであってスター トでもあるので、スタートが全日本ジュニア、インターハイである事は大変素晴らしい事だと思います!
頑張れ!美沙乃!

美沙乃の試合が終わり、暫くして伸の試合が始まりました。初、全日本ジュニアという事もあり、緊張して試合に入っていきました!スコアは、6ー3、6ー7、2ー6。
伸は、やっと全日本に来て、初めて常日頃の練習のスタンスの大切さを感じ取った事と思います。全日本選手という自覚を持ち始め、普通のレベルを上げる大切さを試合後の練習では、特に感 じ取れたのではないでしょうか!?
インターハイも含めて、今後の伸の活躍に期待大です!
頑張れ!伸!

全日本ジュニア!3日目

全日本ジュニア!3日目、真優!シングルス、ダブルス2回戦突破!
3回線進出で試合は4日にあります。シングルスについては、サーフェスにも慣れてきてプ レーの質は良くなってきました。但し、3回戦はもう少しリスクを背負って、コートの中に入って展開する確率があげられなければ、かなり厳しい試合になると思 います。リスクを背負わない事がリスクになってしまう試合になるのは間違いないと思います。真優の底力見せてもらいましょう!
試合前日の美沙乃、伸は江坂に真優の応援に来て、その後練習をしました。美沙乃の状態はとても良く、伸も昨日までは試合モードではなかったのですが、江坂練習で良くなってきました。
練習の最後には、伸のパートナーの児玉選手に“美沙乃さん!タイブレ勝負しましょう!”と言われ美沙乃vs児玉!美沙乃、勝利!大喜び!(笑)児玉落ち込む (笑)
写真は、落ち込んだ姿を表現したそうです(笑)
練習も終わり靭のホテルに帰り皆で夕食をとり、洗濯して3日の試合に備えます!
いよいよだ!頑張れ!
美沙乃!伸!真優!

DSC_0337.JPG
DSC_0338.JPG
120802_2039~01.jpg




全日本ジュニア!2日目

全日本ジュニア!2日目、8月1日、今日は中日なので練習です。
練習コートは、万博記念公園のコートをエースの軸丸コーチが押さえてくれてエースさん、東京学館浦安校、志津さん、ケンズさん、サムライで、合同練習をして頂きました。
最寄の駅から軸丸さん、美沙乃、伸、児玉、と35℃の大阪を40分歩いて漸く到着…他のメンバーはタクシーで来たとの事(笑)
軸さんと“帰りはタクシーですね♪(笑)
”暑い中皆、疲れを感じさせないプレーを2時間しっかりと行い状態も万全でしょう♪
帰りは、なんば道頓堀にて夕食、お好み焼きでした!
志津テニスの児玉選手の写真を“及川コーチ撮って下さい!”と言われる度に撮影していました(笑)
皆、大阪を楽しみながら試合に向かって行きます!
明日は、真優の2回戦!
美沙乃、伸は明後日からスタートです!
頑張れ!真優!

DSC_0328.JPG


DSC_0329.JPG DSC_03311.JPG

DSC_0335.JPG

全日本ジュニア!初日!

7月31日!全日本ジュニア開幕!
真優は、朝のアップを済ませ昨日までの不安を解消して試合に挑みました!
朝のアップでは、ハードコートのバウンドがいまいち掴めないと、関東中学生大会からの不安がありましたが、後半にはその不安を解消して笑顔で試合に入っていきました。
6ー4、6ー2初戦突破!
試合内容 は、少々前後の入りが甘いものの、コースは良くミスも少なく良いプレーでした。そして、ダブルスは欠場者が出てルーザー1番だったので繰り上げ出場!
力石さんと共に楽しそうにプレーをしていました!ダブルスも初戦突破!
8月1日は、真優は中日になり伸、美沙乃と合流して志津さんとエースさんと合同練習です!
8月1日、朝“関西空港に着きました!どうやって行ったらいいですか?”初遠征に少々戸惑い気味の伸から電話が入りました!
サムライ!盛り上がって行 きます!
頑張れ!伸!美沙乃!まゆ

DSC_0325.JPG
DSC_0326.JPG
DSC_0327.JPG

真優!全日本中学生大会!出場決定!
ダブルスは、なんと関東中学生大会、準優勝!!!
素晴らしい!
今大会で真優は挫折と成功があり、とても良い勉強になっ たと思います。
シングルスの敗戦後、ダブルスと順位戦のハードスケジュール、朝9時からダブルスが3試合、18時に終わって帰るかなと思ったら何と試合!?真優は、この順位戦をお互いに打ち合い、打ち合いで7ー5で制し、終わってみたら20時30分!何と1セットで2時間!真優の体力、集中力に限界がないのか!
試合後“明日大丈夫か!?限界か?”すると、ニコッと“限界かなと思っても出来るから限界がないんです♪”真優スマイルで答えてきました。
依然、千広も“夏、暑くてダメっていうのが、私にはわかりません♪”と、何処か似ています(笑)
千広は幼い頃から松本さん(お父さん)にマラソンで厳しく鍛えられ、真優は幼い頃水泳で毎日3,000
メートルは泳いでいたそうです。
何事もそうですが、努力して積み上げたものはその時は能力の向上に気が付く事はあまりなく、後に大きな力となり人から言われて確認出来る様なもので、普通のレベルが上がるという事なのだと思います。そして、この努力を積み重ねる時に大切な事は、真剣に限界を求める事だと私は思います。
そして、敗戦後のミーティングでは、ストラテジーの迷いや試合中のあり方と言うものがより一層、 真優の中で明確になってきたとのだと思います。
真優は今後、全日本ジュニア、全日本中学生大会と続きます。ハードスケジュールになりますが、全日本の舞台でもナダルとナダルのコーチの言葉“人には限界がある、但しその限界から少しだけ頑張れる部分が人間にはある”真優は限界のちょっと先を、また私達に見せて楽しませてくれると思います。
頑張れ!真優!

IMG_7327.jpg

関東中学生大会!

関東中学生大会!in有明!
暑い!
毎年、関東中学生大会はハードコートということもあり大変暑いです!
この暑さの中、伸、雄希、大佑、美沙乃、佳奈恵、美 木菜が応援に駆け付けてくれました!
優は、試合後大宮から駆け付けてくれました!ありがとう!隆、真優も心強かった事でしょう♪
隆は、体調が万全ではなく 苦しい試合となりました。1試合目、ファーストセット、ミスも重なり集中力もなく今日は敗戦かと思う流れになりましたが、応援に応えるかの様に頑張り接戦 の末、ファーストセットを取りセカンドセットは隆のプレーをする事が出来て初戦突破!2ラウンドは、隆も奮闘しましたが力及ばずといったところでしょう。 隆は、関東中学生大会で諦めることなくチャレンジしたので全日本を目指す練習という事が明確になったのではないでしょうか!?夏の隆に期待です!
真優の初戦は、ハードコートというサーフェスに苦しみながらも勝利!2ラウンド、“真優が負けた…”何て言われてしまうのも可愛いそうですが、選手は常に勝つか負けるかの隣り合わせなので大切な事は勝っても負けてもどの様に次に更なるステップアップを望み行動するかだと思います。
真優のレベルで求められるのは、メンタルにも部分的に含まれる思考というところでもある分析力、判断力です。情報処理といったところでしょうか!?情報収集→分析→判断→ 行動→情報収集…のルーティーン、これをコートの中で体力が極限の状態で行わなければいけないので、選手は大変だと思います。その反面、幼い頃から真剣にこの様な事を思い悩む事が出来るのも、選手ならではの利点だと思います。全日本という舞台には必ずこの情報処理能力が求められます。
2ラウンド以降、真優は反省点をいかして激戦の順位戦を勝ち上がり、全日本中学生大会の出場権を獲得しました。ダブルスは準優勝!
シングルス、ダブルス共に全日本中学生大会で良い結果を残してくれるでしょう!

DSC_0320.JPG
DSC_0321.JPG
DSC_0322.JPG
DSC_0323.JPG

サムライNEWS

ページのトップへ戻る