サムライテニス

 
お問い合わせ

テニスを習うならサムライテニスへ!初心者からトーナメントプレーヤーまで、テニスを頑張る皆様を応援します!

ピーナッツカップ!

康介!
シングルス!  優勝!!!
ダブルス!    準優勝!!

真優!

シングルス!

準優勝!!


おめでとう!!!


今 大会では、選手クラスで頑張ってみようと思った選手、受験との両立に苦しみながらもテニスが好きで試合で良いパフォーマンスを発揮出来るようになってきた と感じて更にテニス、勉強共に頑張ろうと思った選手、ジャッチの重要性を認識した選手、本戦に上がり本戦で戦う為に必要なことを認識出来た選手…その他 様々でした。

そして、今大会大活躍!
康介!

康介の今大会の目標は、逆境が訪れた時に何を考えられるか、そして行動出来るか!
そして、もう一つ挨拶についても試合を通じて考えてみることでした

康介は、いつも真剣に考えて行動する選手なので日々の成長のスピードが大変早いです!
もちろん、お父さん、お母さんの共に考え、共に歩み、そして康介に1人で考えさせるというスタンスが康介の成長を大きく助けているのは言うまでもありません。
康介の良いところは、自分の判断の上で行動が出来るというところです。サムライでは、PDCAのような考え方で情報処理は、収集→分析→判断→行動のルーティーンを大切にするようにとも教えています。

康介は幼いですが理解力のある選手なので、最近では気付いて行動するということをオン、オフコートともに出来て来ています!
この人間の成長が今大会の活躍と言っても過言ではないでしょう!

これからも、康介とは限りない成長を目指して行きます

そして、またまた大活躍!
真優!

真優は、あっという間にサムライの最高学年になり皆に背中をみせる立場、存在になりました。
第一線で戦うことの意味や楽しさや辛さを後輩達に伝えてくれています!
真優もまた人間の成長が今大会の活躍に繋がったといっても過言ではありません。
真優には、リーダー的存在としての在り方など、これからも様々なことを共に考えて行動して貰います

20150216001.JPG
20150216002.JPG
20150216003.JPG

群馬オープンジュニア!


真優! シングルス!  優勝!!!

康介! シングルス! 準優勝!!

紀夏! シングルス! ベスト8!!


真優は、前大会の優勝に引き続き優勝!大したものです
真 優は、1年前であれば何かが不安になり行動出来なくなる事が多くあったので試合の途中でも急に悪くなる事がありましたが、今では考え方が良くなり思考回路 が前向きになっったので優勝という最後の最後まで良いファイトを継続していました。真優は、なぜ成長し続けられるのか!?その理由は、言葉を聞いて成長出 来る選手だからだと思います。言葉を大切に!考え方を大切に!と、歩んで来ました。年齢と共に変わる言葉や考え方を様々な角度から学びインプットして噛み 砕き、そしてアウトプット出来る様になりました。
簡単に言うと大人になり強い人間になりました!逆境にも大変強くなりました。
私は、逆境に強い人間とは考え方に備えがある人間だと考えています。もちろん、フィジカルやテクニックの備えも必要ですが、この備えをパフォーマンスとして発揮するためには考え方が必要とも考えています。
真優とは、今後も全ての備えを万全にしていきます

そして、康介!
今大会では、メンタルのあり方を学べたのではないでしょうか!?
メンタルとは、考え方であり状況に応じての考え方、そして揺るがない考え方を構築していくことの必要性を学べたのではないかと思います
最 近では練習中からファイトする事を積み重ね、特に前半のプレーのムラを練習中から考え、コート上でのミーティングでもプレーに対しての考え方か良くなり最 後まで諦めないプレーが出来る様になっていましたが、今大会では逆境になった時に坂を転がり落ちる様にプレーの精彩を欠きました。前向きな姿勢だけではな く行動が伴わないと結果に結び付かないということを改めて康介は学んでいたのだと思います。
試合後のミーティングでも、康介は自分の気持ちを数多く述べていたので大きな成長でしょう!

そして、紀夏。
今大会では最後までファイトする紀夏の姿がコートにありました。
いつも、どこかで不安になり諦めてしまう紀夏でしたが数多くの後輩も出来て少々奮起したようです。
但し、紀夏は何回も繰り返しているので気が抜けない状態が続くと思います。
現代では、人の成長を待ち、励まし気付くまで時間をかける方法が取られることが多いですが勝負の世界では常に時間が関係するために、この手法では難しい時があります。
こ の時間を短縮するためには、時間を短縮するための経験談やアドバイスが必要になると思います。そして、取り組み。勝負の世界では時間に余裕があった方が限 りない可能性が広がると思います。まだ、経験していないことやこれからのステージをジュニア選手に鍛錬をせずに気付かせるのは大変困難であり成長のベクト ルは緩やかになり時間をかけ過ぎてしまうことになりかねないのではと考えています。
紀夏は、漸くこの時間の限り、大切さに気付き全てに於いて全力で向かう決心がついたみたいです

そして、久しぶりのシングルの結果なので紀夏も大変嬉しかったようです!


サムライでは、ジュニアと共に今後も成長とはについて話し合い考えていきたいと思います
20150216.JPG
image2.JPG
image3.JPG

サムライNEWS

ページのトップへ戻る