サムライテニス

 
お問い合わせ

テニスを習うならサムライテニスへ!初心者からトーナメントプレーヤーまで、テニスを頑張る皆様を応援します!

千葉県ジュニア舞台裏2

炎の男!小山 翔!

千葉県ジュニアは、毎年お騒がせプレイヤーです(笑)

インフルエンザになったり、手の平にマメが出来てラケットが握れなかったりと色々ある翔ですが、今年は肩の亜脱臼…

毎年のことなので、アクシデントに対するメンタルは強靭に鍛えられていますが、亜脱臼は乗り越えられませんでした。
それでも立派にシングルスはベスト8、ダブルス4位。シングルス、ダブルス共に関東ジュニアの出場権は獲得出来ませんでした。

翔は、後輩の為に早く来て下のクラスに入りヒッティングしてくれたり後輩が迷っていて発言を求められた時に心に響くアドバイスが出来たりと本当に出来た人間です
また、幼い頃には“俺、大きくなったらサムライで働く”お母さんから“あんた何言ってんの!?”“だってコーチじいちゃんになってゃうでしょ”と、優しい人間でもあります。

そんな翔が試合後、私のもとに来て“あんなにサーブとフォアを練習したのに…”と、涙を流していました。

私は、翔の痛みに対してキネシオを貼ることしか出来ず何とかしてやりたいと思いましたが何も出来ず…

しかし、何度も私と翔は困難に立ち向かって来たので今回と同様!

“翔!しょうがない!ケア不足は私にも翔にも責任がある。今後に生かそう!”
下を向いて“はい。”

それから、2ヶ月後のインターハイ予選では何年ぶりかの翔のバワフルテニスをみることが出来ました!
困難に立ち向かい明るく生き抜く!これからも翔には実践して貰います!
私は、その為のサポートをしていきます!

そろそろが長引いたぞ(笑)
大きく羽ばたこう!

翔べ!翔!

2015052603.JPG
2015052604.JPG


千葉県ジュニア舞台裏1

真実!美木菜!

今大会の千葉県ジュニアと先日行われた高体連インターハイ千葉県予選を終えて実質のジュニア引退です

2人は、進路にも悩んでいる反面、私のジュニアテニスはこれで終わりで良いのかと自分のテニス探しを始めました。

真実は、まだサムライに来て1年も経っていませんがサムライに来た当初は“何の為に頑張るの?”と、私からの質問に“お父さんの為です”と、即答していました。
小林さん(真実父)は、そんなこと言っているのでは勝てないよね〜と、笑いながら親としては嬉しいことだけどねともお話しされていましたが、急遽真実に自分の為のテニスでありその結果が皆を喜ばせることが出来るのが最善というテニスを考えさせことにして自立を促しました。
小林さんも、なるべく見守る様にされていてので真実は気が付くのに数ヶ月という短い期間しかかかりませんでした。
しかし、自立とはそう簡単に出来るものではなく日々葛藤していた真実がコートにいたのを良く思い出します。
そんな真実が引退試合を終えて私のもとに来て話したことは“何かこれで私のジュニアテニスを終わらせたくないです”真実は、自分のテニス!自立に目覚めていたのだと私は思いました。終わらせたくないなら終わらせないので良いのでは…と、いう投げ掛けに真実は明るく“はい”と、笑っていました。進路についても考えながら真実は最後一般のJOP大会にエントリーして自分のテニスと真剣に向き合うことに決めたそうです私は、そんな真実を全力でサポートしたいです!進路についても、テニスについても!

美木菜は、最後の試合を終えて“私、何もサムライに残せなかった…”と、涙していましたが、その思いがサムライにとって大きな財産だと思います。美木菜は、 ジュニア時代に残さなければ意味がないと思っていたみたいですが、私は常日頃から大切なのは実は高校卒業してからともアドバイスしていました。
美木菜は、引退を迎えて新たなスタートを切ったことに気付き勉強とテニスに没頭しています。
勉強は、嫌いと言っています(笑)眠くなってしまう様です(笑)

美木菜もまた、一般のJOP大会へのエントリーをして練習をしています
不思議と今の方が一生懸命になっている様に私からは見えます

2人とも、最高学年を迎えて後輩に何が残せるかということについて深く考えてくれているみたいです
私は、とても嬉しいです!

そして、なぜ引退を迎えると自分と向き合う選手が多いのかと考えてみると私達大人が思っているよりも自分の為ではなく人の為になっているのかもしれません。
そして、引退と同時自分の為が人の為にも良いことが最善と気が付くのかもしれません。

回答は無い話ですが、真実と美木菜は素晴らしい選手ですね

人としても選手としても、これからとどまることなく成長し続けて貰いたいです!

真実!美木菜!新しいスタートだ!

進路にテニスにファイト!

2015052601.JPG
2015052602.JPG


千葉県ジュニア!

千葉県ジュニア!

真優!        シングルス  3位!
            ダブルス      優勝!!!
    (関東ジュニア出場決定)

伽南子!    シングルス  ベスト8
            ダブルス    優勝!!!
      (関東ジュニア出場決定)

優!            シングルス 9位
          ダブルス 4位
      (関東ジュニア出場決定)

琳央!      シングルス 10位
          ダブルス 4位
      (関東ジュニア出場決定)

渚!        シングルス ベスト8
      (関東ジュニア出場決定)

紗香!      ダブルス 5位
      (関東ジュニア出場決定)

紀夏!      ダブルス 3位
      (関東ジュニア出場決定)

彩海!      ダブルス 3位
      (関東ジュニア出場)

沙帆!    シングルス ベスト8
      (関東ジュニア出場決定)

怜緒!      ダブルス 4位
      (関東ジュニア出場決定)



先日、開催された千葉県ジュニアの結果により関東ジュニアの出場を決めました!

おめでとう!!!


最高学年としてもチームリーダーとしてもチームを牽引した、真優!伽南子!
真優は、トップを維持することの意味、大変さ、そして解答を示しながら行動してチームを牽引してきた結果の戦績ですが、満足いく部分といかない反省点と今後に続く大会へ向けての課題や豊富を再確認しました。今後の大会に向けて良いスタートきれた試合になったと思います

伽 南子は、特にここ半年の成長が目まぐるしくプレーでも選手としても人としても後輩から慕われる存在になり安定感のある試合が出来た試合になったと思いま す。今までは、どこ自信無さ気なところがありましたが試合を見ていても大変逞しくなったと思います。伽南子は、強くなる為にを毎日真剣に考えて行動してい た選手です今大会の結果から更なる高み、全日本が見えてきたのでもう一踏ん張りといったところでしょう

そして、男子を牽引した優!琳央!
勉強との両立を見事成し遂げている

優!試合前には、私からかなりプレッシャーをかけられていましたが、プレッシャーをかけた方が良い優(笑)
試合では、久しぶりに常にチャレンジする勇気を持ってプレー出来たのではないかと思います。優も、本当に逞しくなったと思いますとても嬉しいです!
そして、いつも問題ばかり起こしていた琳央ですが、最近はチームのことを考えられるようになったり後輩のヒッティングなどの面倒をみれるようにもなり、優と共にチームを牽引して努力に努力を重ねて関東を手中に収めました。
最近は、“チームを引っ張れる存在になりたい”と、発言する様にもなってきました。
琳央は、いつの間にか大きな成長を成し遂げていました!

渚!紗香!

遊び人の二人(笑)(笑)
あ の渚が…!?関東出場に向けて思いを巡らせ遊ぶことをやめて練習に日々明け暮れていました。途中で何度か挫折しましたが、本当に良くついてきたと思いま す。練習通りに出来る為の練習を積み重ねたので試合中も緊張度合は、MAXでしたが最後の最後まで勝利に対して思い続けることが出来ました。
初!関東ジュニアの出場権を獲得しました!
紗香は、まだまだ遊びが忙しい女子高生ですが日々様々なことに迷い思いテニスに対しても以前よりも真剣に向き合おうとする紗香がいますまだ、思いと行動に少々のギャップはありますが確実に成長しているので日々の思いを早く形に出来るようにして貰いましょう!関東ジュニアに照準を合わせて練習です!才能溢れる選手なので、後は継続力をどの様に自分の中で具体化するかです。

紀夏!彩海!

この二人も手間暇がかかります
まだまだ、“やろうと思っているんですけど”で行動が止まってしまうことが多い2人です。
数多くミーティングをして何が自分に足りないのか、そして何処が自分の長所なのか2人とも自分探しに時間を多く使っていました
その結果、以前とは大きく変わり練習に対しての考え方が変わった様です。この後が成長と言われるところです。気付きの後の行動。2人は、お互いに助け合い、時には刺激をしあい切磋琢しています。
そんな仲の良い2人が今大会のダブルスでは、試合中も試合後も特に戦術について意見を出し話し合い一戦一戦力をつけていけた成長を感じ取ることの出来る試合になったと思います。

沙帆!
沙帆は、とても真面目な選手です
勝つ為にを真剣に考えられるスーパー新6年生です。
自分の考えたことやイメージしたことを実現させるのがスポーツでもあるので、先ずは自分の思ったことを発言しようということに真剣に取り組んだりとオンコートは勿論ですがオフコートまで真剣に頑張っていました
オンコートでは、苦手のフットワーク練習にも音を上げず徐々に沙帆のテニスにも変化が表れたきました。
そして初!関東ジュニア出場!
沙帆にとって大きな自信となったことでしょう!
関ジュニアが楽しみです!

怜緒!
中学受験を控える受験生ですがテニスに於いても結果を出せました!
勉強との両立!大したものです
関東ジュニアの時期は、勉強も忙しい時期に入ると思いますが両立を引き続き頑張って貰いたいです!

2015052501.JPG
2015052502.JPG
2015052503.JPG
2015052504.JPG

サムライNEWS

ページのトップへ戻る