サムライPAL

お問い合わせ

テニスを習うならサムライPALへ!初心者からトーナメントプレーヤーまで、テニスを頑張る皆様を応援します!

まもなく関東小学生大会!!

令和元年!サムライPAL!

記念すべき初めての関東大会!

今週末からです音符


朱里!柑愛!の2名で挑みます!
そして、アウトの1番で美咲がいます!

金曜日の前日から山梨に入りますが朱里、柑愛、美咲の3人で前日練習を行います。


先ずは、優等生の朱里!
朱里と一緒に歩むようになって早くも10ヶ月ぐらいが経ちました!
最初は、かなりの問題児(笑)朱里に話しかけても“何?べつに…”こんな感じの女の子でした(笑)一緒に歩むという表現とははかなりかけ離れた歩み始まりとなりました(涙)
そんな朱里ではありますが、その反面、真面目さと聞いていないようで聞いているという実行力のある選手でした。簡単に言えば少々恥ずかしがり屋で気持ちの強い選手です。
コミュニケーションの取り方が分からず自分の中に閉じ込めて苦しんでいたことも多くあったと私は思います。そこで、ご両親にご相談させていただき朱里の改善、改革を行いました。テクニカル、戦術は当たり前ですが朱里の考え方を選手、コーチ、親で何度も話し合って歩んできました。
振り返れば、こんな感じの選手でしたが今ではどちらかと言うと人懐っこい女の子です音符“コーチ音符コーチ音符”と、可愛い選手です!
朱里を変えるのに時間はあまりかかりませんでした。理由は本人が話しを理解して努力したことと、ご両親も本気で朱里の育成に向き合い共に歩んでくれたことがあったからです!
今後も朱里の成長をサポートさせていただこうと思います。朱里の関東での活躍に大きな期待したいです!

そして、次はお姫の柑愛!
柑愛は、サムライのkidsクラスからサムライのレッスンを受講している選手です音符
選手クラスに入って私と歩んで間もなく1年が経ちます。
なんと言っても柑愛の良いところは幼くして自立心旺盛で、自分の意見をはっきりと言えるところです。とても5年生とは思えないほどのコミュニケーション能力です!お姫キャラです(笑)
時には、お父さんも手玉にとってしまう程です(笑)
最初は、そのコミュニケーション能力が私が意図する方向に使われずに少々手こずりました(笑)嫌なことは嫌と言うのでご両親も私も最初は困ってしまうこともありました。今では、懐かしいことです音符
少々お姫な柑愛ではありますが、柑愛もまた選手として真面目な選手です。そして、柑愛はとても勝利に対して貪欲です!この勝ちたいという気持ちが今後も柑愛を支えることは言うまでもありません。そして、平日お父さんの出勤前に、土日は5時、6時から朝練をしている三橋にも脱帽です音符試合に向けて取り組む姿勢も柑愛がラケットを引くことなく振り続けられることに繋がっているこたは言うまでもありません。
柑愛の試合は、勝利に向かってラケットを振り続けるので見ている私が感心することが多々あります。試合が熱くなればなるほどパフォーマンスを発揮出来る選手なので関東では期待大です!
山梨でも私を楽しませてくれることを願います音符

そして、最後は美咲!

今大会は、アウトの1番なので出場出来るか分かりませんが美咲にラッキーが訪れることを願います音符
千葉県大会での順位戦のラスト1枠をかけた試合で非常にも同士討ちになり柑愛との対戦になりました。両者一進一退の攻防を続け最後に軍配が上がったのは柑愛の方でした。
私は、何回も同士討ちを見守る経験はありますが美咲や柑愛にとっては初めてことでお互いに複雑な心境だったと思います。

私が、感心したことはクラブに帰った後の出来事でした。3人が仲良く話したりレッスンの前のアップをしたりと3人がお互いに気を遣っている姿が私は、とても嬉しかったです音符
同士討ちについては、以前から話しをして教育はしていますが美咲、柑愛、朱里はとても素晴らしい!!!強くあり、優しくもある選手で私は、本当に嬉しかったです。
悔し涙を流していた美咲が気丈に振舞う姿は、幼くして立派でした!
美咲の悔し涙を、勝って勝利の涙に変えてあげることが私の使命だと思います。


いよいよ関東小学生大会です!
同日に千葉県中学生大会で関東出場を狙って皆、奮闘してくれることでしょう!

頑張れ!!!

トレーナーの三神先生が駆け付けてくれました!
先生ありがとうございます!
20190522001.jpg


里紗コーチと1枚!
20190522002.jpg


関東小学生大会!
頑張れ!!!
20190522004.jpg


さて問題です!
この子は誰でしょう!
このキメ顔!
幼くしてプロ気質!間違いなく強くなりますねー音符
あだ名はハロウィンです(笑)

20190522003.jpg

 

※サイト内の記事・写真等の転載を禁止します。 サムライPAL

新着サムライPALNEWS

過去のサムライNEWS

Link

ページのトップへ戻る